ITとセックスに依存する男女たち

FirstMail

  • エッチ相手募集
  • 援助出会い

無料で利用OK

満足度

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な女性が多い
  • 真面目な清楚系女子に援交サイトとして好まれている

疑似恋人体験&エッチな出会いに!

出会いひろば

  • エッチ相手募集
  • 援助出会い

無料で利用OK

満足度

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望女性が多い
  • ちょっと暇つぶしな女性に人気

即会い出来るエッチな出会いに最適!

SWEET LINE

  • セフレ募集
  • 気軽な出会い

無料で利用OK

満足度

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 性に気軽な女性に好まれる

気軽なエッチを求める若い女性と出会うなら!

爆発的に普及し、生活に欠かせない存在となったインターネット。あまりの便利さに、日常生活の大半を委ねる人も少なくありません。また、依存症が疑わしい―インターネットから片時も離れたがらない―人も増えました。
確かに、インターネットとウェブサービスは便利です。しかし、言ってしまえばそれまで。絶対的な存在ではなく、利用せずとも生活は可能です。事実、十数年前までは、インターネットの無い生活が当たり前でした。
依存症状を持つ人は、基本的に“寂しがり”だと言われます。常に誰かと繋がっていたいために、インターネット(及び、アクセスするための機器)から離れられないのだそうです。
これは、セックス依存症に通じるものがあります。実際に〈インターネット依存症〉と〈セックス依存症〉の両方を罹患している人も珍しくありません。
コミュニケーションアプリをはじめウェブサービスを使用すると、こうした人たちに遭遇することもあります。あからさまな態度で接してくる―開口一番、隠語で交渉を持ちかけてくる―人は、まだマシかもしれません。「私はこういう人です。行為を希望しています」と自己紹介してくれるわけですからね。
面倒なのは、当たり障りなく交流を開始した後に、正体を現す人たちです。警戒心を抱かせないまま、写メをはじめとする個人情報をやり取りし、「応じないなら押しかける。写メをばらまく」と脅しを掛ける手口が横行しています。
この手のトラブル続発から、コミュニケーションアプリ運営はID検索に制限を儲けました。・・・が、結果はお察しの通り、いたちごっこが始まっただけでした。
見ての通り、コミュニケーションアプリは援助交際の温床となっています。最早、手遅れです。あなたに年頃の娘さんがいるのであれば、くれぐれもご注意ください。
スマートフォンもコミュニケーションアプリも、生活に必須ではありません。怪しげな言動がみられるなら、取り上げてしまうことが最善策となるでしょう。

援助交際で覚悟すべきこと

コミュニケーションアプリで知り合う男女が増えています。それも、如何わしい目的を前提とした出会いです。
援助交際は立派な売春行為であり、男女ともに大きなリスクを孕みます。
大多数は「自分には関係ない」「捕まった奴は、運が悪いだけ」と思い込んでいます。しかし、そのようなことはありません。実際に逮捕されたり、淋病に罹った人たちも、同じように軽視していたのです。
〈男女共通のリスク〉
〈淋病〉菌が臓器まで侵入し、肺炎や肝不全を起すケースがあります。その状態で合併症を起せば、命の保証はありません。淋病そのもので死ぬことはありませんが、故に油断し、悪化するまで放置する人は多いです。
〈HIV〉感染者が増加する昨今は、いかなるタイミングで感染しても不思議ではありません。そもそも援助交際を繰り返しているのは、軽率な考えを持つ男女であり、健康管理などしていません。故に、誰が感染していても不思議ではありません。また感染の自覚がありながら黙秘し、感染を広める加害者もいます。
〈男性のリスク〉
〈逮捕〉未成年を関係を持った場合は、売春に加え『未成年淫行罪』も適用されます。警察は、物的証拠ほか黒だと確定している相手に対し行動を起します。最早、逃げ場はありません。
〈実名報道〉前述のように逮捕された場合は、もれなく実名報道されます。メディアが情報を掘り下げれば、援助交際とは直接関係ないような報道も行われるでしょう。なんにせよ、社会的地位は崩壊します。
〈女性のリスク〉
〈妊娠〉コンドームの避妊率は100%ではありません。繰り返し性交渉を行えば、必ずといっていい確率で妊娠します。
〈堕胎〉費用が掛かるだけでなく、体に深刻なダメージを与えます。過去の堕胎が原因で、(本命パートナーとの結婚生活をはじめ)必要な時には不妊状態・・・なんてことも珍しくありません。
〈肌の劣化〉容姿を補うために、日常的に濃いメイクをしたとします。当時は何も問題なくとも、数年〜十年もすれば影響は色濃く表れます。クレンジング成分が、肌を著しく劣化させるためです。

援助交際とインターネットの関係

メディアが騒がなくなっただけで、援助交際は昨今も当たり前に行われています。その件数は年々増加しつつあり、警察沙汰になるトラブルも珍しいことではありません。
援助交際が増加する背景にあるのは、インターネットとモバイル機器です。
かつての援助交際は、公衆電話とポケットベルでやり取りが行われました。当時は、「これ(ポケベル)のおかげで、随分と相手が探しやすくなった」―と言われていましたが、昨今と比較すれば、やはりそれなりの手間はあったのでしょう。
インターネットとモバイル機器の登場により、その手間は大きく省かれ、初心者であっても容易に相手を探し出せるようになりました。また出会い系サイトをはじめ、そうした男女を繋ぐ場が登場したことも大きいでしょう。該当サイトにアクセスし、書き込みを残せば、誰でも返信がもらえる―それ程までに賑わっているサイトもあります。
行政は取締りを強化していますが、長らくいたちごっこが続いています。この背景にあるのもまた、インターネットの存在です。
出会い系サイトをはじめウェブ上のデータは、やろうと思えば数秒で削除が可能です。そのため、一度データを削除した後、別のアドレスで再開する出会い系サイトは多いです。データなど、バックアップがあればいくらでも再利用が可能ですからね。
また昨今は、便利なアプリケーションも多々登場しています。筆頭は、やはりコミュニケーションアプリでしょうか。リアルタイムで交流できるため、援助交際の交渉に使用されることも珍しくありません。
かくして援助交際が蔓延する現在ですが、売春行為であることに変わりはありません。成人同士の行為はもちろん、片方が未成年だった場合は別の罪状も追加されます。
また社会的に罰せられずとも、因果応報とも呼べる罰を受けることもあります。淋病をはじめとする感染症です。
ある人は援助交際の後、体調不良に悩まされるようになりました。あまりのダルさに観念し病院へ行くと、肝臓に異常ありとの診断。なんと、肝臓から淋菌が発見されたのです。
原因はフェラチオ。その際に喉に付着した淋菌が、体内を巡り肝臓にまで到達したのです。
淋菌だけで命を落とすことはありませんが、今回のケースであれば、肝炎〜肝硬変により命を落とす危険性があります。
たった数万円を得るために、命の危険に晒される。これが援助交際の本質です。治療法がないHIVに感染すれば、本当の意味でお手上げです。
たった数万円のために、命を掛ける度胸はありますか。快楽のために、死ぬ覚悟はありますか。無いのなら、援助交際などすべきではありません。後悔した時には、何もかも手遅れなのですから。

援助交際における処罰は女尊男卑

純粋に性交渉をしたいだけであるなら、素直に風俗を利用しましょう。安全面で、風俗に勝るサービスはありません。
援助交際を選択する男性の多くは、風俗では未成年を抱けないと言います。だから援助交際で未成年を買うのだと。また未成年は、自分に商品価値があることを理解しており、上手いように世渡りしています。
かくして援助交際は蔓延し、昨今流行のアプリケーション・コミュニケーションアプリにも浸透しています。
別の記事でも、繰り返しお話してきましたが、援助交際は売春であり犯罪です。相手が未成年となれば、尚のこと重く処罰されます。
それは継時的な処罰に限りません。
まず、解雇は確実です。昨今の企業はこの手の不貞に厳しく、こちらは行いが行いだけに反撃手段を持ちません。
メディアは、逮捕者を〈無職〉か〈元〜〜〉いずれかで報道します。何故なら逮捕前、一歩早く企業が首を切るためです。〜〜社員とでも報道されれば、ブランド力は地に落ちますからね。
もちろん報道は実名で行われます。どこへ引越そうが、新しい生活をはじめようが、生涯に渡り〈性犯罪者〉のレッテルは消えません。家族や親族からは距離を置かれ、ひとり孤独死というケースも珍しくはありません。
では、女性に対する処罰はどうなのか。
女性が未成年であった場合は、補導が中心です。厳重な注意は受けるものの、引受人が来れば即日帰宅出来ます。
更生が必要と判断された場合は、少年院に送られることもあります。しかし窃盗をはじめとする余罪でもない限り、それは有りません。
女性が成人であっても、処罰は男性の比ではありません。事実、上手く隠し通し、処罰後も何食わぬ顔で生活している女性は多いです。
すでにお察しでしょうが、援助交際は女性ばかりが得をする行為であり、男性には良いことありません。コミュニケーションアプリで呟いた一言が原因で人生が・・・なんてことも、有り得ない話ではないのです。

援助交際の後に起こり得ること

スッキリしたら終了―で、終わらないのが援助交際です。不運な人は、非常に面倒くさい相手に引っかかり、社会的な意味で人生に幕を下ろします。
援助交際(売春)に関する報道には、共通点があります。それは逮捕者の職業です。概ねの場合、職業は〈無職〉となっています。
昨今の社会は不貞に厳しく、問答無用で解雇というケースも珍しくありません。つまるところ、逮捕前に解雇されているわけですね。企業名が明るみになれば、何かしらの損失は避けられません。だからこそ逮捕前に解雇し、企業の保身を図るのです。
それは親族も同様で、逮捕前後に離縁・離別となるケースが大半です。事件発覚後も同じ土地に住み続けるなど、自らマスコミの生贄になるに等しい行為ですからね。しかしマスコミがそれで引くわけは無く、引越し先を突き止め、押しかけることも十分に考えられます。
かくして保釈後、戻る場所はどこにも残されていません。何処へ行っても怪訝な視線を向けられ、孤独が続きます。
また、これらとは別のトラブルに発展することも珍しくはありません。る男性をケースをご紹介しましょう。
その男性は、コミュニケーションアプリを通じて女学生と知り合いました。アプリが登場した初期で、未成年のID検索に規制が掛かっていない時期でした。
女学生は援助交際を希望し、男性はそれを承諾。当時を振り返り、男性は「息が詰まるだけの結婚生活だった。外で思いっきり遊んでみたかった」と語ります。
ゴムをつけて行った行為でしたが、後日「妊娠した」との連絡がありました。男性の血の気が引きます。女学生は堕胎費用+慰謝料として、200万円を請求。それで解決できるなら・・・と支払ったために、男性の悪夢は続くことになりました。
女学生に200万円を渡した半月後。男性のコミュニケーションアプリに、女学生の兄を名乗る人物が接触してきました。
内容はお察しの通りで、「妹を傷物にした慰謝料を払え」「誠意を見せなければ勤務先と家族にすべてをバラす」とのもの。今度こそ解決するならと、男性は言われるままに400万円を用意。指定された口座に振り込みました。
しかし悪夢は冷めません。女性と関係を持ってから11ヶ月が過ぎた日、再び女学生の兄から接触がありました。
「妹は、お前の子供を産んだ。認知は不要だが養育費を寄越せ。月30万で勘弁してやる」
男性は勤務先や家族にバレることを恐れ、言われるまま月30万円を払い続けました。足りない分は消費者金融で借り、ひたすらに払い続けたそうです。
もちろん、そんな生活が継続できるわけありません。男性は、最終的に自己破産。勤務先の解雇は免れたものの、家族は男性を見限り離縁したそうです。
たった一度の援助交際が原因で、自己破産、離縁・・・自分は大丈夫と思っていませんか?後日談としては最もポピュラーであり、誰にでも起こり得ることです。
何があっても後悔しない覚悟がないなら、そもそも援助交際なんてすべきではないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ